抗アレルギー薬とは

抗アレルギー薬の有効性について

アレルギーのある女性

アレルギー反応とは、埃や花粉などが体に入ってきた際、それを排除しようと体の免疫物質が過剰に反応を起こすことで起きる現象です
抗アレルギー薬はそういったアレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの化学伝達物質に対して、働きを抑制するものです。
アレルギー反応には喘息や蕁麻疹、皮膚のかぶれ、炎症など様々ですが、多くはヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症化学物質が原因です。
その働きを抑えたり、血管への放出、末梢神経への伝達を防ぎアレルギーの発症を予防するのが抗アレルギー薬の仕組みです。

例えば、喘息の場合、アレルギー体質の人もそうでない人も気管支内でアレルギー炎症が起こることが発作とされています。
抗アレルギー薬は、この炎症を抑えることで、喘息発作の発症を予防します。
抗アレルギー薬は、症状緩和の治療薬としてだけでなく長期管理の予防薬ともなり得るのです。
蕁麻疹や湿疹、皮膚のかやみなどに有効なセチリジンがアレルギー薬として有名ですが、アレルギー症状が出てから服薬してもすぐに治るということはありません
効果が出るまでは一定期間服薬し続ける必要があります。
1か月ほど経てば効果は見られるので、あまり長く使っても効果が出ない場合は他の薬に変えた方が良いでしょう。
どの薬も単独での抗炎症作用は強くないので、症状によってはステロイドなど他の薬と併用されることがあります。

また、抗アレルギー薬は使い始めて効果が出ても服用を中断するようなことは止めましょう。
炎症症状が出なくなったとしても服薬を止めるとまた元の状態に戻り症状が出始めることがあるからです。
完全に過敏性が改善したという医学的な判断が必要になりますので、服薬を止めるには医師の判断が必要です。
抗アレルギー薬は長期管理薬であり、副作用は少ないと言われています。
ただし、全くないというわけではありません。
吐き気などの胃部不快感や、くしゃみ・鼻水に使用される抗ヒスタミン作用のある薬は眠気や倦怠感を伴うことがあります
仕事中や移動中など昼間の服用の際は注意が必要でしょう。

強力な抗アレルギー薬ザイザル

抗アレルギー薬ザイザル

ザイザルは日本では広く使用されている抗アレルギー薬です
アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎などにザイザルが効果的に作用を示します。
ザイザルは抗ヒスタミン剤と呼ばれる種類の薬です。
アレルギー症状を引き起こす主要なケミカルメディエーターであるヒスタミンの受容体をブロックすることで、ヒスタミンの作用を阻害、抑制します。

ザイザルなどの抗ヒスタミン薬には眠気、ふらつき、注意力・集中力が低下するといった副作用が共通して発現するという特徴が挙げられます。
しかし、ザイザルは他の抗ヒスタミン薬と比較すると、そういった副作用は起こりにくいと言われています。
薬で敏感に眠気が出る方には発現する可能性もあるので注意が必要な薬です。

まずはそういった副作用が出るものだと意識し、対策をすることが大切です。
眠気などの副作用が出た場合には車の運転や高所での危険な作業は極力控えるようにしましょう。
大きな事故につながる危険性を伴うので、そういった危険因子を取り除くことがまずは重要です。
服用前にもしっかりと副作用について理解しておくことも必要です

ザイザルはアレルギーに対してとても強力に作用するので、1日1回で効果が1日中効果が持続するタイプの薬です。
ですからザイザルを寝る前に服用すれば、眠気が起こりやすい時間帯には寝ているので副作用を回避することができます。
このように服用のタイミングを考えて副作用を回避するという方法もあります。 ただ、眠気の副作用に敏感な方の場合には、強力な効果ゆえに寝る前に服用しても次の日の日中にまで眠気が残ってしまうこともあります。
そういった場合には飲む薬自体を変更するというのも1つの手段です。

日本で承認されている抗ヒスタミン薬の中で全く眠気が出ないとされているのはアレグラ(フェキソフェナジン)とクラリチン(ロラタジン)だけです。
薬を出してくれる医師に眠気等副作用に関して相談してみましょう。
効果を優先するか副作用に気を付けるかは自己判断で解決しないようにしましょう。

眠気が少なく応用の利くアレグラ

抗アレルギー薬アレグラ

アレグラは花粉症などのアレルギー症状を抑える抗アレルギー薬です。
花粉症をはじめ、多くのアレルギー性鼻炎に対して処方されるため、常備薬として服用している人も少なくありません。
抗アレルギー薬に共通してみられる眠気を引き起こすという副作用が極端に少ないのがこのアレグラの特徴です。
また、鼻炎症状だけではなく、各種アレルギー症状に効果があるため、耳鼻科・内科だけではなく、眼科でも処方されます

眼科での処方薬と言えば点眼薬のイメージが強いですが、各医療機関でも医師は抗アレルギー薬の服用による治療方法も積極的に検討します。
特に、アレグラは、アレルギー症状に対してはかなりの症状緩和が期待できます。
服用者が多いにも関わらず、副作用の報告が少ないので、治療方法として採用される頻度が必然的に高くなってきているのです。
眼の症状は網膜の炎症を抑えるために点眼薬が処方されます。
花粉症などのアレルギーによる炎症は、既に出ている炎症を抑えるだけではなく、アレルギー症状を抑えなければ繰り返すことになってしまいます。

アレグラは、アレルギーの原因となる物質(ヒスタミンなど)の作用を抑えます。
これまでの既に出てしまった症状を抑制する薬とは違うところがあります。
出てしまった症状を鎮めるだけでなく、症状を引き起こす原因となる物質の作用を抑え、症状悪化も防いでくれます。
市販薬も販売されるほど汎用性の高い薬です。

眼の炎症がアレルギーによるものと判断された場合に処方される医師は適切な治療法を検討しているということです。
アレルギーに対する治療としてきちんと服用薬の使用も検討してくれます。
アレルギーは体質や環境の変化から大人になってからでも症状が現れることがあります。
仕事中に眠気を引きを越されては支障をきたす場合が多いでしょう。
アレルギー対策として眠気が現れにくい治療薬のアレグラであればそのような問題を解消できます。
正しい問診、医師の判断に従い、アレグラなどの治療薬による治療も積極的に検討することをオススメします。